賃貸のトイレでは時々温水洗浄便座が付いていないことがありますが、意外と自分で設置することができます。
部屋を仕切る扉のタイプも賃貸選びには重要です

温水洗浄便座がない賃貸では自分で設置するのがおすすめです。

賃貸物件のトイレの話です。今は、ウォシュレットなどその他多機能な温水洗浄便座が元から付いているのが当たり前かもしれません。もはや必需品と言ってよいほど日本では定番の設備ですが、たまに付いていないことがあります。そんな時は実は新たに取り付けられるということをご存じでしょうか。意外とトイレ本体と便座が離せないものと思っている方が多いです。たしかに機会がないと便座だけで売っているのも目にすることはないかもしれません。

温水洗浄便座でない便座は寒い時期になるとひやっとするのが嫌ですよね。カバーもありますが、衛生的に好きでなかったり洗濯の手間も増えます。古いトイレには設置できないのではと思うかもしれませんが、特殊な工具は要らないし、意外と簡単で自分一人で取り付けができるぐらいです。工具は新しく取り付ける便座に付属していると思います。

まずは購入する前に、実際にご自宅で設置が可能かどうかは確認した方が良いでしょう。まず確認するのはトイレ内に電源があるかどうかです。当然電器を使うのでこちらが必要になります。それから便器の種類やトイレの種類などいくつか確認して、大丈夫ということが分かったら購入をします。どんどん良くなっていて、最新のものは省エネもすごいですし、お手入れ方法も楽になっています。元々付いているが、それが古くて変えたいという時にも検討してみるとよいかもしれません。ちなみに賃貸を出る時には、原状復帰を求められる場合がありますので、以前の便座は保管しておくことと、念のため付け替える際もオーナーへ確認することをおすすめします。