姉が賃貸経営をしていますが、悪質な借主が入居すると騒音やペット、家賃など様々なトラブルが起きて大変のようです。
部屋を仕切る扉のタイプも賃貸選びには重要です

悪質な借主への対応が大変な賃貸経営

今現在、姉の家が賃貸経営をしているのですが、悪質な借主も多いということで頭を痛めています。夜中の騒音やペットの問題はよくあることで、そういう場合は大体口頭や書面で注意を促すと解決する場合が多いそうですが、やはり長期に渡る家賃滞納は本当に困ると言います。素人の考えからすると、「契約書に家賃滞納の場合は退去してもらう、と明記されているのだから、すぐにでも出て行ってもらうように促せば良いのでは?」と思うのですが、それ程簡単にはいかない様なのです。

まず借主が家賃を滞納したら、ただ忘れているだけという場合も考えられるので、やはりまずは書面や口頭で促すのだそうです。それで支払われれば良いですが、たまに「もう少しだけ待ってほしい」と言われることもあるんだとか。そういう場合は、期限を定めて「何日までには必ず支払うように」としたり、取り敢えず全額でなくても良いので今支払ってもらえるお金だけを受け取ったりすると言います。それでも支払いがされない場合は、賃貸契約内容を明確にした書面やメールで催促し、それを証拠として残しておいたり、内容証明や配達記録を使用して督促の書面を出すこともあるようです。悪質な借主が入居してしまうと、賃貸経営も本当に大変だと思いました。

賃貸の基礎知識から専門的な知識まで