賃貸を契約するときに物件を見ずに間取り図だけで契約をすると、間取り図と違う場合があります。
部屋を仕切る扉のタイプも賃貸選びには重要です

賃貸契約での間取り図は参考までに

新築物件に住みたいと思っているのであれば、実際に建物が完成するまでに契約をしておいた方がいいでしょう。そうしなければ誰かに先を越されてしまえばそこに住むことが出来なくなってしまうからです。特に立地がいい場所となると、なおさら人気物件になってしまいますので、早く契約するようにしておいた方がいいでしょう。そこで賃貸を借りるのであれば、希望の広さや間取りなどがあるはずです。新築物件だったとしても、完成前に間取り図などを見せてもらうことが出来るようになりますので、実際に部屋を見てみなくても間取り図があれば参考になるものでもあります。

ですので自分が気に入った物件なのであれば、完成前だったとしても賃貸契約をするようにしておくのもいいでしょう。しかし実際に完成して入居してみると、間取り図と違う部分があるという場合にはどうすればいいのでしょうか。違う部分があったとしても全く問題ないと思えるのであれば、そのままにしておいてもいいでしょう。しかし、自分が重視していた部分が違うとなれば大変です。広いベランダが欲しかったのに、とても狭いベランダだったとなれば洗濯物を干すのも布団を干すのも不便になってしまいます。ですので大きな不満が残ってしまったのであれば、不動産会社に相談してみるといいでしょう。

賃貸の基礎知識から専門的な知識まで