新しい賃貸に利用する際に現在使用している家具が使えるとは限りません。その為部屋の広さなどをチェックしてください
部屋を仕切る扉のタイプも賃貸選びには重要です

新しい賃貸と家具の問題について、

新しい賃貸を利用する際に、部屋の間取りがあまりにも小さいと現在使用している家具が使用できない可能性があります。そうなるとせっかくの家具を処分しなくてはいけなくなるので、気をつけるようにしてください。特に昔から使用しており、愛着が発生している家具の場合には、新しい賃貸でも使用する事ができるのか必ず確認してから使用しないと大変な状況になる可能性があります。

まずはどのくらいの家具の大きさになっているのか確認する事が必要になります。それによって、新しい賃貸で家具を使用する事ができるのか確認する事ができます。その時に新しい賃貸の天井までの高さを把握するようにしてください。また状況によっては、ゆとりのある賃貸でも窓や玄関などから入れる事ができないというケースもありますので、できれば玄関や窓の広さなどもチェックした方がいいです。

せっかく新しい賃貸に引越しする事が決まっても、これまで使用していた家具を使うことができないと意味がありません。そうならないようにまずは家具の大きさと新しい賃貸の天井までの高さを必ず把握するようにしてください。そうすれば最悪の事態を防ぐ事ができ、家具を処分しなくても新しい賃貸で同じように家具を使用する事ができます。

賃貸の基礎知識から専門的な知識まで