賃貸の営業マンには色々なタイプの人がいます。お客さんの気持ちを良く分かってくれる営業マンについて
部屋を仕切る扉のタイプも賃貸選びには重要です

賃貸の色々な営業マン

不動産会社に行くと色々な賃貸の営業マンのタイプがいます。お客さんにとって良い営業マンはどのような人でしょうか。まず、営業なのでしつこいのではないかとあまり心を開かないお客さんもいますが、良い営業マンだと思ったら色々と部屋探しの希望を伝えてみましょう。良い営業マンであれば引越しの理由や動機などを色々聞いてくれます。引越ししたい理由には今度どのよう部屋に引越ししたいのかが隠されています。

訪問したその日に良い物件が見つかれなくても、良い営業マンであればお客さんの希望を元によい物件を毎日探してくれ、気に入ってもらえそうな物件があれば早速連絡をくれます。仕事などで忙しい人はメールアドレスを伝えメールでのやり取りをすればお互い行き違いもなく連絡の内容も詳しく分かるのでお勧めです。お客さんの立場ですと返信をしなかったりすることもありますが、良い営業マンだと思ったらお友達と同様に物件を送ってくれてありがとうなどだけでも良いので返信しましょう。

営業マンの仕事を選ぶ人は、人と接するのが好きとか感謝されたいと思うタイプが多いようです。やはりお客さんの立場であっても好意を示せばさらにがんばって色々と要望に合う物件を見つけてきてくれるのです。

賃貸の基礎知識から専門的な知識まで