日当たりの良さを条件に賃貸物件を探した結果、洗濯物は良く乾き、湿気も無くなるなど、快適に生活しています。
部屋を仕切る扉のタイプも賃貸選びには重要です

日当たりの良さを求めて選んだ賃貸物件

賃貸物件を選ぶ条件はそれぞれあると思いますが、私は日当たりの良いことを条件としました。何故ならそれまで生活していた賃貸物件は、日当たりがイマイチだったからです。日当たりがイマイチとなると、湿気が多くなるということになります。家の中では特に収納の湿気が酷い状態だったので、書籍や衣類などを収納してしまうと、傷んでしまうことになります。ですから結局、収納スペースを使用することは無かったです。また日当たりが悪いことによって、洗濯物が十分に乾かないことも気になっていたのです。

このように日当たりがイマイチなことによって、不都合を感じたことから、今度住む賃貸物件については、日当たりが良いことを条件にしたのです。日当たりが良いということは、周辺に妨げになる建物が無い方が良いです。ですから家賃的には予算を超えてしまったのですが、10階建ての賃貸マンションの7階に空室を発見し、見学させていただいたところ、昼間はとても日当たりが良いと分かりました。ですからこちらの賃貸マンションに決めたのです。今は洗濯物も乾きますし、湿気に悩まされることも無くなったため、大変快適です。この賃貸マンションを選んで正解だったと思います。