通常、賃貸物件の契約期間は2年です。期間が過ぎて継続して住む場合は更新手続きと更新料が必要です。
部屋を仕切る扉のタイプも賃貸選びには重要です

賃貸の諸費用のひとつ更新料

賃貸物件に住んでいると、毎月の家賃は当然ですがそれ以外にも月々管理費や共益費を払わなくてはなりません。また、契約期間は一般的に2年となっていますが、期間が満了になって引き続きその物件に住むことを希望する場合には契約期間と更新料が必要です。この更新料を支払う意味合いは、最初の契約のときに初期費用として用意した礼金と似ています。つまり、期間が過ぎても更新してもらうことに対する謝意をこめたお金ということです。ですから、退去の時にはこの更新料は返金されず、仮に更新料を支払って継続の手続きをした直後の退去であっても返金されないお金です。

最初の契約の時に支払う礼金は地域性が強く、礼金の習慣がほとんど見られない地域もあります。それに対して更新料の習慣は全国的に広く見られるものです。金額についてははっきりした決まりはありませんが、傾向としては毎月の賃料の1か月分か2か月分を準備するケースが多くなっています。また賃貸契約の更新時には、更新料とは別に更新手数料が必要になることがあります。更新料が借り手から大家さんに支払われるのに対して、更新手数料の方は契約を更新する借り手が不動産会社に支払います。契約を更新するにあたっては不動産会社が契約書を再び取り交わすための準備などをしますので、更新手数料はこの事務手続きに対する手数料です。